「こんなにうまい肉、生まれて初めてや 3歳男性」の面白い看板。

売上アップには、お店の看板を工夫することが大事です。

「こんなにうまい肉、生まれて初めてや 3歳男性という看板を偶然見かけました。

たまたま郵便局から小包を送る用事があったので、

その一つ前の交差点で、信号待ちをしていた時の事です。

ふと反対側車線沿いのお店の看板をみたら、あの言葉が書かれていたのです。

思わず笑ってしまいましたw

ある意味、衝撃も受けました。

後で周囲にこの話をすると、だいたい噴き出して笑ってしまいますw

たぶん手書きの看板だったと思います。

写真を撮影してインスタグラムにアップしたら、きっとインスタ映えしそうな感じ。

残念ながら運転中なので無理でしたが。

また、一瞬のことだったので、正確な言葉じゃないかもしれません。

でもニュアンスは十分伝わると思います。

この時、いろいろ考えましたね。

「この店のオーナー面白いな」、「天才だな」、「一度は食べてみたいかも」と。

まるで店主の風貌がイメージできるようでしたw

なんか関西人っぽい表現。

お笑い芸人のようなセンスを感じました。

実際のお店自体はとても小さくて、

フジテレビの番組、とんねるずのみなさんのおかげでしたで人気のあのコーナー、

とんねるずのきたなシュランに出てきそうな感じw

そしてその瞬間、思い出したのはあの有名な名言です。

「今まで生きてきた中で一番幸せです。」

競泳の岩崎恭子さんが、1992年のバルセロナ五輪で、金メダルを取った時の言葉です。

当時14歳の岩崎恭子さんが、競泳女子200メートル平泳ぎ決勝で、優勝した時のヒーローインタビューでの名言ですね。

いまだにテレビで出てくることもあるほど、印象的なシーンです。

私の中ではそれを上回りましたねw

3歳男性ということなので、初めて外食するお肉なら、

本当に生まれて初めての美味さだと言っても、なんだか本当っぽいです。

たとえ冗談でも、ちょっと納得してしまう。

こういう面白い看板なら、きっと集客効果もあるでしょう。

お店の看板って、まだまだ改良の余地があるんだなーと感心しました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






売上アップのために出来る100のことリスト TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。