売上アップ100の事 圧倒的な情報を提供することで、アクセス数を増やすのは簡単です。

売上アップ のための一つの方法が、ホームページやブログにアクセス数を集めることです。

つまりアクセス数アップです。

アクセス数が多ければ、ある程度の割合の顧客は、必ず反応してくれます。

すると、商品やサービスが売れます。

たとえ売れなくても、アクセス数が多ければ、何らかのキャッシュポイントを作り出すことが出来ます。

そして、どれくらいのアクセス数があれば、どれくらい売上があるのか、反応率などが、統計的にわかるようになります。

反応率は、1/100かも知れないし、1/1,000かも知れません。

扱う商品によっては、数万分の1のこともあります。

どちらにしても、必ず売上はアップします。

そのためには、やはりある程度のアクセス数が必要です。

実はアクセス数を増やすのは、とても簡単です。

特別なテクニックは、必要ありません。

例えば、前回の記事にも書きましたが、

ブログなら、最低限のSEO対策は、既に施されています。

またブログには、Ping送信やトラックバック、コメントなどの機能が、標準で付いているので、アクセス数のアップもしやすい特徴があります。

ここまでは、誰がやっても同じです。

みんな同じようなブログを使っているわけですから、当然ですよね。

唯一のコツのようなものは、「圧倒的な情報量を提供すること」です。

そして、「情報の質」も大切です。

いくら情報量が多くても、質が悪ければ、Webサイトにもう一度来ようとは思わないですよね。

できれば、お金を出してでも欲しがるような内容の情報を、無料で提供します。

質の良い情報を、出来るだけたくさんがコツと言えばコツになるかも知れません。

この部分は、とても大事です。

みんなが欲しがる情報を、しっかり書いているブログなら、自然にアクセス数は増えます。

メールマガジンなら、読者数が増えます。

実際に私が個人で作ったサイトでも、20万PV/月を超えているものがあります。

数万~十数万PV/月ならざらにあります。

1万PV/月程度のサイトなら、作るのはそれほど難しくありません。

私が趣味で作ったサイトでさえ、数千PV/月程度はいきます。

しかも内容がしっかりしているサイトなら、頻繁に更新する必要もありません。

ほったらかしでも、年間で安定したアクセス数が確保できます。

これは大きなメリットですよね。手間がかからないのが一番です。

ごくたまにメンテナンスするくらいです。

もちろん、頻繁に更新したほうが良いのは、確かなのですが。

ブログなら、内容の濃い情報を100ページ。せめて30ページは欲しいですね。

これくらいの情報量があれば、アクセス数は必ず増えます。

増えない場合は、あなたが提供できる情報と、みんなが知りたい情報に差があるからです。

このミスマッチを解消できれば、必ずアクセス数は増えます。

ただし、上記の方法に即効性は、無いかもしれません。

じわりじわり、ゆっくりと効いてきます。

検索エンジンに登録されて、アクセス数が増えるまでに、数か月~1年くらいかかることがあります。

即効性を出すためには、TwitterやFacebookなども、合わせて活用します。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






売上アップのために出来る100のことリスト TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。