売上アップ100の事 Facebookを活用してみる。

売上アップには、Facebookを活用することも効果的です。

Facebook(フェイスブック)とは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つです。

Facebook

Facebookは、2004年に当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグによって、開始されました。

今では、世界最大のSNSとなっています。

中国、インド、フェイスブックと言われるくらいに利用者数を伸ばしています。

フェイスブックのユーザー数は、世界中で5億人を超えていますから、まさに一つの超大国並みです。

Facebookの日本での普及率は、世界に較べるとまだまだです。

しかし2008年にFacebookの日本語版が一般公開されたこと、

2010年(日本は2011年)に、Facebookを題材にした映画「ソーシャル・ネットワーク」が公開されたことにより、一気に知名度が高くなりました。



最近は、本屋さんでも、Facebook関連の書籍が増えてきました。

全国的に見ると、Facebookは東京都での普及率が高いと言われています。

大都市も比較的高いです。

そして意外なのが、沖縄県での普及率の高さです。

東京都についで、第2位となっています。

実社会のつながりという部分で、沖縄県の県民性に合っているのかも知れません。

沖縄県には、模合(もあい)という文化がありますから。

またFacebookのメリットの一つが、商用利用が認められていることです。

既存の大手SNSには、商用利用できないところもあるので、ビジネスに使える点は大きいです。

そしてFacebookは、実名登録なので、ビジネスにつながりやすい面があります。

インターネット上の発言でも、匿名より実名のほうが、信憑性が高いのは明らかです。

実名なので、批判的な書き込みが少ないとも言われています。(荒らされにくい)

Facebookのページには、主に2つの面があります。

・プロフィール セルフブランディング
・Facebookページ 宣伝広告、ファン集め

Facebookは、プロフィールにいろんな要素を書き込めるため、名刺代わりになります。

プロフィールで、あなたがどんな人物か知ってもらえるため、セルフブランディングに最適です。

Facebookページでは、商品やサービスを宣伝したり、ファンを集めることもできます。

1,000万人を超えるファンを集めているFacebookページも出てきています。

人が集まれば、お金が動きます。

だからFacebookを上手く使えれば、売上が数倍になるかも知れない可能性を秘めています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






売上アップのために出来る100のことリスト TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。