売上アップ100の事 他社と差別化するのは、とても簡単にできる。

売上アップするには、他社(または他者)との差別化が大切です。

でも皆さん、差別化を難しく考えすぎています。

実は差別化は、とても簡単にできます。

たとえ同じ商品やサービスを提供していても、差別化は可能です。

(1)絞り込む
その分野では、世界一、日本一と言えるくらいまで、絞り込んでください。

例えば、スーパーマーケットはたくさんありますが、高齢者向けのスーパーは少なくなります。

さらに60代が必要な商品やサービスを豊富にしたり、
高齢者が見やすい表示、陳列にすると、もっと特徴が出る。

といったイメージです。

子供向け、主婦向け、OL向け、お父さん向けなど、いろいろ考えられます。

ただし絞り込みすぎると、対象が減るので、バランスが大切です。


(2)世界一やさしく説明する
易しく(または優しく)説明するだけでも、差別化ができます。

世の中、難しいことを易しく話せる人が少ないのです。

また、優しく話せる店員も少ないです。

難しいことを難しく話す、説明する事は、誰でもできます。

同業者に業界用語や専門用語で説明するのは、簡単です。

難しい言葉を使うと、何となく詳しい人というイメージがありますが、そうではありません。

実は、難しい言葉を使っている本人が、理解していないことが多いです。

専門用語に包まれて、物事の基本や本質が見えなくなっているからです。

易しく説明するには、本人がしっかり理解している必要があります。

説明は、小学生にもわかるくらいが、理想的だと言われています。

小学生がわかるレベルまで易しくすると、高齢者にも易しい説明になります。

あとは優しく説明するだけです。

ジャーナリストである池上彰さんのニュース解説が、とても人気がありますが、同じような理由です。

これまでは、易しく解説できるジャーナリストが、いなかったのです。


(3)世界一詳しく説明する
世の中は、初心者や子供、女性、高齢者にとって、難しいことが多すぎます。

例えば家電のマニュアルも、難しいですよね。

男性目線で作られているからかも知れません。

もっとわかりやすい図や文章にするだけで、たとえ同じ商品やサービスを扱っていても、差別化することができます。

商品やサービスに、オリジナルの小冊子をプラスしただけで、売上アップした例もあります。

小冊子が欲しいために、商品を購入する人もいるほどです。

ケーキ屋さんが、「ケーキの美味しい食べ方」をおまけしてくれたり、
お花屋さんが、「長持ちする花の生け方」などをくれたら、

そのお店から商品を買ってみたくなります。


(4)世界一の専門家になる
「○○のことなら、何でもわかる」と言えるようにするだけで、差別化できます。

その分野や、業界のありとあらゆるものに精通している人は、魅力があります。

きっとマスコミでも引っ張りだこでしょう。

○○を長年研究、△△を経験してきた、などは有利になります。

あなたの豊富な知識を元に出版もできるかも。

本を出版できれば、信頼もアップするので、さらに好循環になります。


(5)これまでに無い組み合わせをする
テレビ番組の「発掘!スター☆ドラフト会議」で、「海パンカメラマン」が登場していました。

これは組み合わせの上手さです。

カメラマン + 海パン = 海パンカメラマン

カメラマンとしての腕は知りませんが、

数多くいるカメラマンの中で、確実に目立った存在になっています。

普通の真面目なカメラマンでは、なかなか真似することはできません(笑)

同じような発想で、○○専門の作家、○○専門の写真家などがあります。

実はこのような組み合わせは、簡単に見つかります。

興味のある方は、以下のWebサイトをご覧ください。

アイデア・企画の出し方入門講座

あなたのビジネスにプラスαを加えることで、他社との差別化が、意外と簡単にできます。


以上、どうでしたか?

「差別化するのは、それほど難しくない」、「意外と簡単なんだ」と思えてもらえたら、幸いです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク






売上アップのために出来る100のことリスト TOPへ